FX口座を作る時に気になる手数料やコストを解説します

FX取引でかかる費用とは?

FX口座は無料で作れるの?費用や手数料について解説します!

 

主婦や学生でも気軽に始められる投資として人気のFX。
しかしFXを始めようとしても、口座開設は無料なの?などといった疑問は付きませんよね。

 

そこで今回はFXに関わる費用やコスト、支払いについて徹底的に解説していきます。

 

まず口座開設時の話から説明すると、FXの口座開設にはお金は一切かかりません
必要なのは取引資金だけで、FXは完全無料で始められるのです。

 

また、取引時にもお金を支払う訳ではありません。
そのためFXの取引は一見全て無料に見えるかと思います。

 

しかし実はFX取引の際、裏側ではいくつかの手数料が自動的に支払われているのです!

 

FX取引を行う上で、FX会社側に支払っているコストは主にスプレッド。
それ以外にもスワップポイント発生時に払っているものや、スリッページ時に払いすぎてしまうものも。

 

お得に、そして効率的にFX取引を行うためにFXの手数料について詳しくなっていきましょう。

 

 

そもそもスプレッドとは

FX口座は無料で作れるの?費用や手数料について解説します!

 

FX取引の際、主に支払っているコストとしてスプレッドが挙げられますが、
まずはそもそもスプレッドとは?というところから説明していきます。

 

スプレッドとは、「広げる」などの意味を持つ英単語。
FX上では、売値と買値の差を表します。

 

この売値と買値の差こそ、FX会社の利益となっているもので、仕組みは銀行の外国通貨の換金と同様です。

 

つまりこのスプレッドは幅が狭ければ狭いほど手数料は少なくなり、
最もスプレッド幅が狭いものほど、通貨をより安く買え、より高く売ることができるのです。

 

 

スワップポイントの支払いでも手数料がかかる?

FX口座は無料で作れるの?費用や手数料について解説します!

 

また初心者におすすめの取引にスワップポイントというものがあります。

 

スワップポイントとは各国の通貨ごとに設定された金利差を基に利益を上げる仕組みのこと。

 

日本円などの金利が低い通貨を軸に、金利の高い外国通貨を取引し(ポジションを取り)、金利を貰うという流れで利益を上げます。

 

実はこのスワップポイントを貰う際にも、裏側ではFX会社に手数料を支払っています。

 

よく口座を比較してみると各FX会社ごとにスワップポイントが異なっていることがわかります。
各国が定めた金利が一定になっているのに対して、会社ごとに差が出るのは、ここに裏側の手数料が含まれているからなのです!

 

 

スリッページも放っておくと痛手!

FX口座は無料で作れるの?費用や手数料について解説します!

 

FX取引を行う上で意外と大きなコストになってしまうのが、スリッページ。
こちらは支払う手数料とは少し違いますが、FX取引の際には非常に重要になるので覚えておきましょう。

 

スリッページとは注文を出した金額と、実際に取引が成立した金額との差を指す言葉。
FX取引では、市場が急激に変動し、自分の希望額で購入ができない場合があります。

 

例えば、1ドル120円で買おうとした際に、急激に相場が変わってしまい、1ドル121円で購入してしまった...。
なんてことになってしまうと、レバレッジを掛けている場合は大損害の危機に瀕してしまうこともあります。

 

FX口座によってはスリッページ設定といって、
「注文額と相場に○○%以上、差が出たら取引をキャンセル」などと指示を出し、スリッページを防いでくれる機能も存在します。

 

 

無料で口座開設し、最安手数料で取引しよう

FX口座は無料で作れるの?費用や手数料について解説します!

 

今回はFX取引に関わる3つのコストについて解説していきました。

 

効率よく投資をしていくためにも手数料などはできるだけ避けていきたいですよね。

 

繰り返しになりますが、口座開設自体はどの口座も無料で行えますので、
手数料を抑えたい方はスプレッド幅やスリッページ設定の有無などで比較をしてみてください。

 

因みにスプレッド幅が狭いおすすめFX口座はSBIFXトレードです。
SBIFXは、26種もの通貨ペアを扱っており、そのほとんどは業界最狭クラスのスプレッド幅。

 

ツールも充実していますし、何より最低4円から始めることができますので、特に初心者の方におすすめです。