初心者のうちに起こりがちなFXのミスを7つ紹介

FX初心者が陥ってしまいがちな失敗例7選

 

FX初心者がやってしまいがちな失敗まとめ7選

 

FX取引で成功することを夢見てFX口座を開設をしたものの、慣れるまでには時間がかかり、
「あれ?思ったより儲からないな」なんて考えてしまいがちです。

 

実はその発想こそFX取引の失敗の入り口。

 

FXトレードはギャンブルではなく投資です。
仕事として24時間チャートに張り付いている人が多い中、頭を使わず儲けようと思ってしまうと大損をしてしまうことは避けられないでしょう。

 

今回はFX投資の世界で特に初心者に起こりやすい失敗例を7つご紹介!
初心者向けの対策法と心に刻んでおきたい名言も合わせてご紹介します。

 

 

損切しない、できないという失敗

 

FX初心者がやってしまいがちな失敗まとめ7選

 

FX初心者〜中級者まで最も多い失敗がこの”損切できない”という失敗でしょう。

 

FX投資の世界で最も重要なことは損切です。
初心者の方はついつい利益を追ってしまいがちですが、大事なことは利益をしっかり確保しつつ、損を最小で食い止めること。

 

人間は本能的に確定した損を受け止めることを避ける性質があるので、損切の重要性がわかるまでに時間がかかるかもしれません。
しかし、世界中の一流トレーダーの全員が”損切”を最も重要視しており、利益の管理にはあまり力を入れていないと知れば見え方も少しは変わるのではないでしょうか?

 

損切ができない失敗の原因として多いのは下記のような要因です。

 

・損切ラインを決めていない
・いくら儲けたいかで目標を設定してしまっている
・余剰金ではなく、生活費を投資してしまっている

 

まずは損切のラインを設定しておくことが重要です。
ここまで下がったら必ず決済をする!というラインを冷静なうちに決めておきましょう。

 

また無くなっても良いお金でFXに投資をすることも重要なポイント。
自分の生活がかかったお金では簡単に切り捨てることはできず、尚のこと損切ができなくなってしまいます。

 

FX投資を行う際には、必ず余剰金で行うようにし、損切ルールを明確に定めておきましょう。
逆接的に考えると、損切ができればFXにおいて大損は絶対にありません。

 

●おすすめの格言
「生き残れ。儲けるのはそれからだ」ジョージソロス
「見切り千両」
「株式市場では、願望で動く人は失敗するだろう」

 

 

 

 

高額すぎるレバレッジを使用してしまう

 

FX初心者がやってしまいがちな失敗まとめ7選

 

高額すぎるレバレッジを利用してしまうことも、FX初心者に起こりがちな失敗です。

 

この失敗は、「FXで年商○○億円」「年収○○万円突破!」
などの聞こえのよい宣伝文句を聞き、FXを始めた方に特に多いようです。

 

高額レバレッジは相場が上がれば、確かにその分儲かりますが、同時に証拠金が無くなってしまうリスクも倍増します。
FX投資の世界ではいかに損失を最小で食い止めることができるか、が重要だということを思い出して、ぐっとこらえて見てください。

 

どうしてもレバレッジを高くしたいと思った時は、まずは自分がFXを行う上でなぜお金を稼げるのか、という基本的なことから考えてみましょう。
FX取引は自分の精神との向き合い方が重要になっているので、甘い妄想にとらわれていては危険です。

 

冷静さを失ったときには下記のように考え落ち着きましょう。

 

・FXは外国為替への投資でありギャンブルではない
・世界中の一流トレーダーが死ぬ気でやっているのに初心者が簡単に勝てる訳がない
・余った時間で楽に稼げる仕事などこの世にはない

 

少し冷静になれば高額なレバレッジで一攫千金を狙ってやろうという欲望も薄れてくるかもしれません。

 

もし高額レバレッジに挑戦する前には、自分の扱う通貨やトレードスタイルにとって、どのくらいのレバレッジが適切なのかを考えていきましょう。
通貨やトレードスタイルによってFXの適切なレバレッジは変わります。

 

ただし、基本的にFXトレード初心者のうちはレバレッジ3倍で運用するくらいの気持ちでいてください。

 

●おすすめの格言
「塵も積もれば山となる」
「石の上にも三年」

 

 

思考停止でトレードを続ける

 

FX初心者がやってしまいがちな失敗まとめ7選

 

思考停止に陥ってしまい、何も考えられないのに惰性でトレードを続けてしまうことも起こりがちなFXの失敗です。

 

思考が停止している状態では何も考えられていない訳ですから、やっていることはギャンブルと一緒です。
そんな時には以下の対策法を思い出してください。

 

・相場がわからなくなったり、迷ったらポジションを決済する
・トレード戦略を自分なりに考える
・実践した結果を基にブラッシュアップする、さらにそれを繰り返す

 

FX投資はいつも考えることから始まります。
取引をしなければ損をすることもないので、思考が停止してしまったら一度FX取引から離れ、冷静になるまで距離を取りましょう。

 

●おすすめの格言
「成功の果実をどれだけ手にできるかは、自身の売買記録をとる、自分で考える、自分で決断するといった、あなた自身の努力がもたらす正直さや誠実さに正比例する」
ジェシー・リバモア

 

 

 

相場に釣られながらのトレードを繰り返す

 

FX初心者がやってしまいがちな失敗まとめ7選

 

初心者がやってしまう失敗例ので「下がったら買い、上がったら売り」を繰り返してしまうというものもあります。

 

一見底まで下がっているように見え、ここが買い時だ!
と思ってしまう気持ちはとても分かります。

 

しかしFX投資の世界ではそれも失敗の入り口。
下がっている時には下がっているなりの理由があるため、原因が分析できない限りは買いで入ることは、流れに逆らってしまうことと同義です。

 

FX投資の世界では、100戦100勝は無理なうえ意味がありません。
自分がどこで勝ちを拾い、いかに損を減らすかを考えると、下がっているタイミングで入る意味があまりないことに気付くでしょう。

 

もちろん下がっているタイミングで買いに入ることも失敗とは言い切れませんが、テクニカル分析などをし、自分の中で明確な戦略・損切りラインが見えるまでは、不用意なFX取引は避けるようにしましょう。

 

 

失敗を防ぐための対策方法としては、運用ルールをしっかり作ること。
なぜ下がっているのか(上がっているのか)を自分なりに分析することが挙げられます。
●おすすめの格言
「失敗は成功のもと」
「確実にみじめな結果となるのは、株価が下がっていく途中で買うことだ。」 ウイリアム・オニール

 

 

 

ポジションを保有したまま寝てしまう

 

FX初心者がやってしまいがちな失敗まとめ7選

 

ここからはさらに初心者向けの内容です。
FXトレードに慣れないうちに起こりやすい失敗例の5つ目はポジションを保持したままにしてしまうこと。

 

普通の人が寝ているであろう午前2時〜4時は、アメリカでは午後12時〜14時になります。

 

日本人が寝ているこの時間はアメリカではオンタイム。
市場の動きも活性化するため、ポジションを保有したままにしておくと、起きた時には急騰or急落してしまって、ロスカットされてしまっていたというケースも少なくありません。

 

特に保有しておく狙いがない場合は、FX取引を終了するタイミングで全てのポジションを決済するようにしましょう。

 

 

●おすすめの格言
この章に関しては基本的な内容のため特にありません。

 

 

発注ミスをしてしまう

FX初心者がやってしまいがちな失敗まとめ7選

 

自分のFX口座に慣れないうちは、発注ミスにも注意をしましょう。
注文に失敗すると、せっかくの分析や思考が水の泡となってしまいます。

 

発注時には必ず下記の3点が合っているかを確認しましょう。
・売りと買いは間違っていないか
・通貨は購入したいものか
・取引枚数は正しいか

 

●おすすめの格言
この章にも基本的な内容のため特にありません。

 

 

 

自分に合っていない口座・ツールを使っている

 

FX初心者がやってしまいがちな失敗まとめ7選

 

自分のトレードスタイル、通貨ペアに合っていないFX口座を使ってしまうことも初心者がよくやってしまう失敗です。

 

各FX口座はそれぞれ強みとしている領域があり、自分に合ったFX口座を選択していなければ大きな機会損失となります。

 

自分がドル/円を中心にデイトレードを行っている場合は、当然ドル/円のスプレッド幅が最狭な口座を選ぶべきです。
またスワップポイント狙いの場合は、狙う通貨のスワップポイントが最大のFX口座を選びましょう。

 

投資ではいかに損をしないことが重要ですが、間違ったFX口座を選択していては常に少額の損(機会損失)をしていることになります。

 

効率的な投資を行う意味でも、自分のFX口座がスタイルに合っているかの確認は怠らないようにしましょう。

 

●おすすめの格言
この章も基本的な内容のため特にありません。

 

FX口座を比較する際には当サイトのTOPページをご参照ください。
初心者におすすめのFX口座をランキング形式で紹介しています。

 

FX初心者ガイドTOP